1行紹介

レコードを買い続けて48年たちました。

自己紹介文

わたし矢原イケテル(イケテル君)は、小学校低学年の頃、ヴィレッジ・ストンパーズの「ワシントン広場の夜は更けて」が好きでした。
中学一年生のとき、音楽を聴く仲間だったクラスメート(1学年1クラスしかありませんでした)がレコードを買うのについて行き、そのとき彼が買ったのは発売されたばかりの国内盤「スーパー・ジャイアンツ・ブラインド・フェイス」でした。
レコードを買ったその足で彼はわたしの家へ来て、いっしょに全曲通して聴きました。
スティーヴィー・ウィンウッドというひとのことをわたしはそのとき初めて知り、中学一年生のわたしはその歌と楽曲に感銘を受けました。
それ以来今日まで約42年間、わたし矢原イケテル(イケテル君)はトラフィックとベートーヴェンを聴くことに人生の主要な時間を費やしたのでした。

興味のあること

横山光輝、ブライアン・ジョーンズ、スロッビング・グリッスル、ジョイ・ディヴィジョン、phewさん、キルンベルガー