« ドノヴァン「ドノバンの贈り物/夢の花園より ドノバン」 (発売元:CBS・ソニーレコード、レコード番号SONP50173~74) | トップページ | ボブ・ディラン「タランチュラ」を読む(片岡義男訳)。 »

2007年11月30日

ジョン・レノン「ジョンの魂/ジョン・レノン/プラスティック・オノ・バンド」 (発売元:東芝音楽工業株式会社、レコード番号AP-80174)

ジョン・レノン「ジョンの魂/ジョン・レノン/プラスティック・オノ・バンド」 (発売元:東芝音楽工業株式会社、レコード番号AP-80174)
\2,000
購入日:1971年(昭和46年) 11月30日(火)。十五歳。中学三年生。
購入場所:いつものTレコード店。


今日は会社でちょっとしたメルクマールなできごとがあったのですが、そんな日に「ジョンの魂」とは、よりによって…。でもまあ、それはここではどうでもいいことです。
ただちょっとした因縁は、感じなくもないです。
前に、9年ほど前ですか、ちょっとした機構の変化などがあったときも、そのときはボブ・ディラン「ロイヤル・アルバート・ホール」が初めて、オフィシャルにリリースされたときと重なったりしたので。なんで、32年(1966年から1998年)の時をへだてて、このタイミングに?と思ったものでしたから。
ただの偶然で、それ以上の意味はないですけれどね…。
なにより「ロイヤル・アルバート・ホール」といえば、前にも記事を投稿した、高校二年生の春休みに、1974年に、新宿のディスクロードで買ったレコードでしたから…。そのときから数えて24年(1974年から1998年)。

で、今日は「ジョンの魂」です。丸帯が光っていますね。
買った日の記録を見ると、レコードの溝がヘンで、針が飛ぶため、翌日Tレコード店に持っていって取り替えてもらった、と書いてあります。
そのときのことは、よく憶えています。Tレコード店の、レコードに詳しいおばさんの店員さんが、「いかにも針飛びしそうな溝だ」と、盤をすかして眺めて、言ったことを憶えています。

話は飛びますが、このレコードが、のちに「ミレニアム・エディション」として、「オノ・ヨーコ夫人立ち会いのもと」(CDの帯の文言から)、「リミックス&デジタル・リマスタリング」されたものが2000年に出ましたが、それを聴いて、「しっかりジョン」のイントロのギターの音の数が、長く聴きなれたものより多かったことに、驚いたひとは、わたし以外にもたくさんいたと思うのですが、なんで話題にならなかったでしょうか。Plasticonoband


|

« ドノヴァン「ドノバンの贈り物/夢の花園より ドノバン」 (発売元:CBS・ソニーレコード、レコード番号SONP50173~74) | トップページ | ボブ・ディラン「タランチュラ」を読む(片岡義男訳)。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

言われてみれば確かにそうですね。
オヤと思いながら、聞きました。
たったそれだけで新しいバージョンのようで、嬉しくなったりしました。

この作品があまりに重厚なので、軽々しいことは話題に上らないから、でしょうか? (^^;)

投稿: 喜山 | 2007年12月 2日 00時17分

喜山様コメント有難うございます!
>たったそれだけで新しいバージョンのようで、嬉しくなったりしました。
おお、確かにそうですね。ある意味、百万回聴いた聴き手への、ちょっとしたフェイント、サービス精神ととれなくもない…。と、喜山さんからのコメントを読んで思い至りました。それでわたしも嬉しくなりました。…でも軽々しい瑣末なことなので、メディアとかでこの作品を語るときにふつう話題には上らせませんね、たしかに(^^;)。

投稿: 矢原イケテル | 2007年12月 2日 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38796/17236150

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・レノン「ジョンの魂/ジョン・レノン/プラスティック・オノ・バンド」 (発売元:東芝音楽工業株式会社、レコード番号AP-80174) :

« ドノヴァン「ドノバンの贈り物/夢の花園より ドノバン」 (発売元:CBS・ソニーレコード、レコード番号SONP50173~74) | トップページ | ボブ・ディラン「タランチュラ」を読む(片岡義男訳)。 »