« COSEY FANNI TUTTI「Time to tell」 (CTI、CD番号CTI93004) | トップページ | トラフィック「フェアウェル・トラフィック」(発売元:日本ビクター株式会社、「日本ビクターのフォンタナ・レコード」、レコード番号FOX-7005) »

2007年12月23日

ボブ・ディラン「追憶のハイウェイ61/ボブ・ディラン」(発売元:CBS・ソニーレコード株式会社、レコード番号SONP50345)

ボブ・ディラン「追憶のハイウェイ61/ボブ・ディラン」(発売元:CBS・ソニーレコード株式会社、レコード番号SONP50345)
\1,800
購入日:1971年(昭和46年) 12月23日(木)。十五歳。中学三年生。
購入場所:いつものTレコード店。


この年の前の月(1971年11月)はレコードをたくさん買いすぎたので、翌月12月は多少買うのを控えています。
12月23日(木)に買ったこの「追憶のハイウェイ61」と、このあと大晦日に買った「イッツ・ア・ビューティフル・デイ」(SONP50180)の2枚だけです。

「CBS・ソニーレコード」マンスなのでした。
ちなみに先月、1971年11月の一ヶ月に買ったレコードは、
11月6日(土)「ドノバンの贈り物/夢の花園より」
11月13日(土)レッド・ツェッペリン「Ⅳ」
11月21日(日)「ベスト・オブ・ドノヴァン」
11月23日(火)「ハーディー・ガーディー・マン」
11月30日(火)「ジョンの魂」
でした。
ドノヴァン、ボブ・ディラン、それに「ニュー・ロック」のグループがあるため、「CBS・ソニーレコード」度が高いです。
でも「ワーナーブラザーズ・パイオニア」も、よく買っていました。
このときから遡ってつい2年ばかり前、1969年ころは、ロックを聴くといえば「アート・ロック」で、国内のレーベルはといえば「日本グラモフォン」、「フォンタナ・アート・ロック・シリーズ」の「日本ビクター」だったのに…(「CBS・ソニーレコード」も創業して2年目でもちろんありましたが)。
隔世の感がある、というほどではないですが、そのほかのレコード会社もおしなべて、世の中あげて、「ロック・エイジ」の「幕開け」になったことは、まちがいないのでした。
というのも、ツェッペリンもピンク・フロイドもこの年に初来日して、わたしはひょんなことからレッド・ツェッペリンの広島公演のチケットを入手したのですが、行かないままに、その飛行船の絵が描かれたチケットを部屋の壁に貼って長く持っていましたが、たしか大学生のころ、家の改築のときだったか、そんなようなときに、なくしました。

ボブ・ディランはこの前々月に「ギフト・パック」を買ったのが手始めで、いよいよここからオリジナル・アルバムを聴き始めようかという、その先鋒がこの「追憶のハイウェイ61」だったのでした。Highway61

|

« COSEY FANNI TUTTI「Time to tell」 (CTI、CD番号CTI93004) | トップページ | トラフィック「フェアウェル・トラフィック」(発売元:日本ビクター株式会社、「日本ビクターのフォンタナ・レコード」、レコード番号FOX-7005) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38796/17458354

この記事へのトラックバック一覧です: ボブ・ディラン「追憶のハイウェイ61/ボブ・ディラン」(発売元:CBS・ソニーレコード株式会社、レコード番号SONP50345) :

« COSEY FANNI TUTTI「Time to tell」 (CTI、CD番号CTI93004) | トップページ | トラフィック「フェアウェル・トラフィック」(発売元:日本ビクター株式会社、「日本ビクターのフォンタナ・レコード」、レコード番号FOX-7005) »