« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の投稿

2008年5月31日

5月はスティーヴ・ウィンウッドの月(つき)。

…なのに、
仕事の負荷はピークに達し、忙しさにかまけて、更新もままならないワタシ。
といっているうちにもう5月31日なので、「5月はスティーヴ・ウィンウッドの月(つき)」というタイトルだけでも書きとめておきたいために、とりいそぎ更新。

スティーヴ・ウィンウッドとエリック・クラプトンの共演は、…しかもただ共演というだけでなく、ブラインド・フェイスの曲をいつか2人で再びやってくれる日が来るということは、この39年ほどのあいだ、わたしが心の中で待ち望んでいたことでした。

そんな2人の連名でのコンサートが、3日間限定で今年2月にマディソン・スクェア・ガーデンで行われるということは、昨年秋くらいに、スティーヴ・ウィンウッドのオフィシャル・サイトで知りました。
その前に、昨年5月と7月に、それぞれお互いのバンドへのゲスト出演というかたちで共演していて、そこでもブラインド・フェイス・ナンバーが演奏されていたことを、そのあとで知ったのでした。

マディソン・スクェア・ガーデン、行きたかったですが、やはりというべきかもちろんというべきか、諸般の事情を鑑みるまでもなく、行くことはかなわなかったわけですが、いまは世界中のたくさんのスティーヴ・ウィンウッド・ファン・サイトやYouTubeで、コンサートの臨場感あふれるレポートや、映像にいちはやく接することができます。便利な時代になったものです。ワタシはそれだけでも、十分に感動し、驚き、感銘を受けました。


このブログのそもそもの始まりというか、わたしの39年をこえなんとするレコード購入行動の原点というか、拠ってたつところが、ほかでもない、このブラインド・フェイスとスティーヴ・ウィンウッドにあることは、ブログをたちあげたときに書いたプロフィールで述べているとおりです。

わたしにとってそんな特別な存在であるブラインド・フェイス、スティーヴ・ウィンウッドについて、ウィンウッドの5年ぶりの新譜も出たし、こんなにウチと外とでもりあがっているときに、そのことについて記事を更新しないなんて…、信じられないような業務の負荷ここにきわまれりというかんじでした(いまもまだその最中、6月半ばくらいまで…)。


日本の音楽雑誌をはじめとするレビュー等で、ブラインド・フェイスのアルバムが、積年の(日本での)評価とちがい、スティーヴ・ウィンウッドを軸とした評価に変わってきているのも、わたしとしては、1969年にブラインド・フェイスを初めて聴いたとき以来の感覚がそうなっているので、わが意を得たりというと、ちょっと観点が狭いですけれども、素直にうれしいというか、オモハユイかぎりなのです。

本ブログのプロフィールでも書いたとおり、1969年にブラインド・フェイスのレコードを聴いたのは、クラスメートのAT君が買ったレコードを、買ったその日にわたしの家に持ってきて聴いたので、自分で買った、初めてのスティーヴ・ウィンウッドのレコードということになると、1970年5月7日(木)に買った「ベスト・オブ・トラフィック」が初めてということになります。

極東の島国で、トラフィックのレコードを買った中学二年生のコドモは、そのとき13歳(わたしの誕生月もまたウィンウッドさんと同じ5月なのですが、その誕生日を迎えるより前なので13歳)だったわけですが、よく考えたら、スティーヴ・ウィンウッドは、わたしが13歳でレコードを買ったそのときまだ、21歳(スティーヴ・ウィンウッドの誕生日は5月12日なので、わたしがレコードを買った5月7日は、ウィンウッドさんもまだ誕生日を迎える前なので)だったのでした。

13歳のコドモがトラフィックに夢中になるというのも、多少はどうかと思いますが、十分ありえるというか、ありがちというようなものだと思うのですが、それにひきかえ、21歳のウィンウッドさんのそれまでにやり遂げたことというのは…。

その当時、21歳ころにしてすでに、名実ともに押しも押されぬスーパー・スターであり、ブリティッシュ・ロック界の至宝であったことは、とくにいまのオジサンになったSWしか知らない若いひとたちに向けては、強調しておいてしすぎるということはないでしょう。
わたしがスティーヴ・ウィンウッドを知った1969年から1970年にはすでに、十代で活動していたスペンサー・デイヴィス・グループ、第一期トラフィックの時期を経て、のちにスタンダードとなるような名曲・名演奏をかずかず残し、そのあとのブラインド・フェイスはすでに空中分解していて、トラフィックを再編成して「ジョン・バーレイコーン」を制作(最初はソロアルバムとしてスタート)開始していたところだったのでした。
スゴ…。
昔から誰もがウィンウッドさんについていうことですが、天才少年。
楽曲・演奏・歌、パフォーマンスすべてにおいて。中田ヤスタカの曲のタイトルを借りていえば、ウィンウッドさんこそ真の「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」なのでしょう。
その天才少年が、還暦を迎えて(今月の12日に誕生日を迎えて。やはり5月はウィンウッドの月(つき)なのです…)、作る音楽のなんと若々しくみずみずしいこと。青いといっていいくらいに。
わたしにとってロックとは、いまも昔も、スティーヴ・ウィンウッドなのです。


(注:ブライアン・ジョーンズも忘れないでね!)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日

スティーヴ・ウィンウッド「ナイン・ライヴズ」を買った。

スティーヴ・ウィンウッド「ナイン・ライヴズ」(SICP1856~7)
購入額:3,780円(税込)
購入日:2008年5月28日(水)
購入場所:タワーレコード渋谷店


5月はスティーヴ・ウィンウッドの月(つき)。
そんな5月に出るウィンウッドの新譜を、タワーレコード渋谷店で、閉店まぎわの22:58分ころ、すべりこみセーフで買う。
そこから帰宅して、いままたすべりこみセーフで、今日のうちに、アップ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日

カール・ベーム/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団「ブルックナー 交響曲第4番」を買う。

カール・ベーム/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団「ブルックナー 交響曲第4番」 (DECCA 475 8403)
購入額:890円(税込)
購入日:2008年5月8日(木)
購入場所:タワーレコード渋谷店

休日に、忙しい休日も、それほどには忙しくない休日も、「第7番」、「第9番」を聴き続ける…カルロ・マリア・ジュリーニで…うちに、「第4番」を聴きたくなり、買ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日

レナード・バーンスタイン/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団「シベリウス 交響曲第2番」を買う。

レナード・バーンスタイン/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団「シベリウス 交響曲第2番」 (UCCG-2034)
購入額:1,800円(税込)
購入日:2008年5月7日(水)
購入場所:タワーレコード渋谷店

シベリウスの「交響曲第2番」は、ずっと以前にLPレコードでユージン・オーマンディで聴いて以来、また聴きたいとずっと思っていた作品なので、今日買いました。
まだ買って家に着いたばかりで聴いていないのですが、晩年に近い時期であるバーンスタインの演奏はどうでしょうか。それまでにもウィーン・フィルとは、ベートーヴェン、ブラームスといろいろ共演してきていますが…。

話はちがいますが、今月の4日に、スピーカー、プリメインアンプ、CDプレーヤーを新調しました。レコードプレーヤーだけはいままでのままです。プリメインアンプ、CDプレーヤーの銘柄はあえて秘しますが、スピーカーはB&Wの685(掲載した写真に見えるとおり)です。定番というか、ひねりがないと感じるオーディオファンのかたもいらっしゃるかもしれませんが、わたしとしては、限られた予算のワクで最高のものを求めた結果、店頭で何箇所かで試聴してみて、音の肌理(きめ)というか、質感がとてもしっくり来た…というより、かなり感心して惚れ込んだ機種でした。家に来てみると、はたして、アンプ含めてすべてまっさらで、エージングなしの状態で、素晴らしい音で鳴ってくれました。こういうときのご多聞にもれず、古いCDをいろいろ引っ張り出して、次々と聴いては驚き、聴いては陶然とし、を繰り返しました。ちなみにわたしは昔ながらの筋金入りの「アンタイCD」派ですが…こんどの休みにはアナログレコードも聴いてみます。

ここ一年あまり、ブルックナーやマーラーやリヒャルト・シュトラウスばかり聴いていたので、最近の嗜好からいえば、シベリウスは異色です。Dsc01461edit_edited1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日

「すみや」でサウンドトラック盤「FEDERICO FELLINI-AMARCORD-」を買う。

サウンドトラック盤「FEDERICO FELLINI-AMARCORD-」 (POLYDOR 2393 083)
購入額:不明
購入日:1983年(昭和58年) 4月29日(金)
購入場所: すみや(東邦生命ビル2階)(※現:渋谷クロスタワー2階)

「すみや」が今年のはじめ、2008年1月31日(木)に閉店(※店舗での営業を終了、通販専門店として継続)していたことを、先月、4月に知りました。
「レコードマップ+CD'08-'09」の鈴木慶一の巻頭インタビューを、渋谷の本屋で立ち読みしたのでした。

1983年4月29日、そのころはまだ4月29日は「天皇誕生日」でしたが、渋谷の夕方は「風が涼しく、とてもcomfortable」だったと記録に書かれています。
そんな日に、ニーノ・ロータ音楽/カルロ・サビーナ指揮、「フェリーニのアマルコルド」のサントラ盤(これはフランス盤でした)を買いました。Dsc01439edit


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日

三軒茶屋フジヤマで川喜多美子の新譜を買う。

川喜多美子「SEED CAKES with icing」 (sala-002)
\1,575(税込)
購入日:2008年(平成20年) 4月16日(水)
購入場所: 三軒茶屋フジヤマ

三軒茶屋フジヤマへ行くのは、記録によると、1992年4月2日(木)に行って以来ということになります。川喜多美子がライブをやり、新録音のCDも出していることを、彼女自身のサイトで知ったのです。
「MICO’S KITCHEN」
http://plaza.rakuten.co.jp/yoshikokawakita/
このサイトに川喜多美子さんが書かれていることは、素晴らしく川喜多さんらしく、面白いです。なおかつ川喜多さんが「いま」を生きていることに、わたしのような古いファンは、うれしくなってしまうのです。Dsc01444edit

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日

素晴らしいよ、キャブス。「THREE MANTRAS」を聴く。

CABARET VOLTAIRE 「THREE MANTRAS」(CABS7CD)
購入日/場所:2008年4月11日/タワーレコード 渋谷店
購入額:490円(含む消費税等23円)(1,490円をポイント値引1,000Pで-1,000円)

素晴らしいよ、キャブス。
TGとキャブス、これに尽きるのではなかろうか、結局のところは。
(と言ってみるだけで、もちろんそんなことはないですけどね)。


1982年3月23日(火)にツバキハウスでキャバレー・ボルテールを観たことを書いたので、また聴きたくなってタワーレコードで「THREE MANTRAS」。
しかもおなじ日にレナード・バーンスタインのベートーヴェンの交響曲全集(オマケで序曲が入っていないほうの、CD5枚組の紙の箱に入った安いほうの全集)も買った(バーンスタインでベートーヴェンの交響曲を聴きたかった、むしょうに、とくにまだバーンスタインで聴いていなかった第2番、第4番を)ため、ポイントがちょうどたまって、キャブスは1,490円のところ490円で手に入った。

懐かしい、キャバレー・ボルテール。ずっとのちに、2000年代に入ったころ、エレクトロニカといわれていたようなカテゴリーの音楽をかなり集中して聴いたとき、このプチプチいうのは、前にどこかで聴いたことがある、それも馴染み深い音楽のなにかで、と思っていたら、それは「THREE MANTRAS」の2曲のうちの1曲、「Western Mantra」だった。ことに思い至りました。Dsc01447edit_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »