« 5月はスティーヴ・ウィンウッドの月(つき)。 | トップページ | 「ナイン・ライヴズ」の9曲目「Other Shore」が良いですよ。 »

2008年6月 4日

若々しく、みずみずしい。青いといっていいくらいに。

スティーヴ・ウィンウッドの新作「ナイン・ライヴズ」を聴き続けています、毎日、通勤電車の中で、それと夜に眠るときに。毎日。
仕事の負荷はあいかわらずのピークの連続の状態ですが、この音楽が救いです。
救護にやってきてくれた、わたしにとっての38年ぶりの「ジョン・バーレイコーン」というかんじでしょうか。音楽の雰囲気も、こころなしか1970年の「ジョン・バーレイコーン・マスト・ダイ」を彷彿させるかんじがありますね。
「FLY」、「WE’RE ALL LOOKING」、「SECRETS」、「AT TIMES WE DO FORGET」、どれも良い曲です!!
これまでのどのソロ・アルバムよりも(といっても本作を含めてたった9作品しかないのですが)トラフィックっぽい音楽に聴こえます。しかもそれが、トラフィックのときよりも、かえって若くさえ感じる。
前回にも書いたとおりなのですが、青いといっていいくらいに若々しく、みずみずしい音楽が、9曲すべてに横溢しているのでした。
付録のDVDがまた素晴らしく、感銘を受けました。ウィンウッドが「素」でしゃべるところ、実はけっこういままでちゃんと見たことなかったりして。

|

« 5月はスティーヴ・ウィンウッドの月(つき)。 | トップページ | 「ナイン・ライヴズ」の9曲目「Other Shore」が良いですよ。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38796/41428974

この記事へのトラックバック一覧です: 若々しく、みずみずしい。青いといっていいくらいに。:

« 5月はスティーヴ・ウィンウッドの月(つき)。 | トップページ | 「ナイン・ライヴズ」の9曲目「Other Shore」が良いですよ。 »